スポンサードリンク

昭和の町へのアクセスと近くの宇佐神宮、懐かしさの効用について

大分県は湯布院や別府の温泉が有名ですし、

高崎山のさるやアフリカンサファリもありますが、

豊後高田市(ぶんごたかだし)の「昭和の町」は、一定の年代以上の方であれば、

懐かしさを感じられる観光スポットと言えます。

懐かしさを感じることで脳が活性化すると言われていますが、

ここではそんな昭和の町へのアクセスと近くの宇佐神宮への行き方、

また懐かしさの効用についてご紹介します。

スポンサードリンク

大分のおすすめの観光地 「昭和の町」へのアクセスについて

まず昭和の町の場所をご確認いただきますが、以下のようになります。

① 昭和の町

② 宇佐駅
③ 別府駅
④ 大分駅

昭和の町は、別府駅や大分駅からも離れた場所になります。

宇佐駅からのアクセスについて

公共交通機関の場合には、宇佐駅からバスが運行されていて、

最寄りのバス停は「豊後高田バスターミナル」になります。

そのバス停の場所と駐車場の場所は、以下のようになります。

① 昭和の町の「昭和ロマン蔵」

② バス停 豊後高田バスターミナル
③ 昭和の町 駐車場

駐車場の料金は、1回につき300円(30分以内は無料)となっています。

バスの時刻表について

バスの時刻表については、以下の大分交通のホームページをご参照ください。

大分交通 ホームページ 路線バス

上記のページから「宇佐駅前」を探していただき、

時刻表の行き先が「豊後高田」または「伊美」が昭和の町へ向かうバスになります。

1時間に1~2本ほどの運行で、宇佐駅前から豊後高田バスターミナルまでは、

料金は250円所要時間はおよそ10分になります。

また「大分空港行き」のバスでも同じ料金・時間で昭和の町に向かうことができます。

大分空港行きのバスは以下のページをご覧ください。

大分交通 ホームページ 空港バス 地図から探す

上記のページで「宇佐市」を選んでいただき、「大分空港行」を選択していただくと時刻表を確認することができます。

1ヶ月ごとに時刻表が違い、2ヶ月分の時刻表を見ることができます。

また1日4本と本数は多くありませんのでご注意ください。

(2017年8月14日現在)

また大分空港から昭和の町に直接向かうこともでき、

大人1400円小人700円所要時間はおよそ50分になります。

時刻表については先ほどご紹介しましたが以下のページをご覧ください。

大分交通 ホームページ 空港バス 地図から探す

上記のページから「豊後高田市」を選んでから「大分空港発」を選択してください。

スポンサードリンク

懐かしさが脳に与える好影響

また懐かしいと感じることで、脳に好影響が与えると言われていて、

若い頃に使っていたものを見たり、音楽を聞いたりして、

「懐かしい」と感じることで、脳が活性化したり精神が安定することが指摘されています。

また懐かしいと感じる効果を活用した「回想法」という心理療法があり、

認知症などの症状の改善に役立てられています。

その方の年代にもよると思いますが、

昭和の町に訪れていただき、昔を思い出して懐かしんでいただくと、

脳が活性化するなど効果を期待できるかもしれませんね。

昭和の町と宇佐神宮について


(出典「photoAC」)

昭和の町は宇佐神宮から近い場所にあります。

公共交通機関の場合には、宇佐駅に戻らなければいけませんが、

お車で昭和の町を訪れる場合には、宇佐神宮へ同時に訪れるのもおすすめです。

ちなみに宇佐神宮について書いた記事はこちらになります。

宇佐神宮の歴史とアクセス、宇佐神宮・石仏を巡る観光バス

宇佐神宮にまつわる道鏡と和気清麻呂(わけのきよまろ)の歴史の話を記載しています。

歴史の話を知った上で訪れると、歴史のロマンを感じていただけると思います。

終わりに

平成生まれの若い方には、昭和の町は懐かしさを感じることは少ないかもしれませんが、

私は昭和生まれですが、昭和を生きていた頃には「昭和の町」ができるとは思ってもいませんでした。

現在の天皇も生前退位なさるようで、平成は30年で終わりを迎えるようです。

いつか「平成の町」を平成生まれの人たちが作ってくれたら、

平成生まれの人たちも、その町で懐かしさを感じることができると思います。

そのために今持っているものを、大切にしておくと良いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

良かったらこちらを