スポンサードリンク

大阪で彼岸花を見るなら万博記念公園 その開花時期と場所、駐車場

大阪で彼岸花を見るなら、

万博記念公園が場所としても手ごろで、園内にはお店もあり、

色んな意味で便利だと思います。

私は子供の頃から彼岸花は毒があると聞いていたため、

彼岸花には少し毒々しい印象を持っていましたが、

よく見ると花自体は、あでやかな美しい造りをしています。

ここでは万博記念公園の彼岸花をご紹介します。

スポンサードリンク

大阪で彼岸花を見るなら万博記念公園 彼岸花の開花時期について


(出典「イラストAC」)

万博記念公園では、多くの彼岸花を見ることができますが、

その開花時期は、例年ですと9月下旬~10月上旬になります。

ちなみに「秋のお彼岸」は、秋分の日を中日とした前後3日の、合計一週間を言いますが、

その時期に咲くことから、彼岸花と言われています。

また満開だと思っていると、次の週になると終わっていた印象もあり、

見ごろの時期は、それほど長くない印象があります。

良い写真を撮るには、手間ひまをかけることも大切だと思いますので、

彼岸花の写真を撮影するなら、少し早めの時期から訪れて、

何度か繰り返し訪れていただいた方が良いのかもしれません。

また万博記念公園は、【水曜日が定休日】で、

入場料金は、大人250円、小中学生70円になります。

万博記念公園の彼岸花の場所について

じゃあ、万博記念公園の彼岸花はどこ?

と言いますと、以下のマップでは②~⑤の場所になるのですが、

① 万博記念公園 入口
② もみじ川周辺
③ 西大路周辺
④ 竹林地
⑤ 花しょうぶ田周辺

になります。

ちなみに③の西大路周辺では、白い彼岸花を見ることができます。

スポンサードリンク

万博記念公園へのアクセス

万博記念公園への行き方は、エキスポシティができましたので、

ご存知の方も多いと思いますが、

大阪モノレールの「万博記念公園駅」からすぐの場所になります。

また車で訪れる場合には、以下の万博記念公園のホームページをご確認ください。

万博記念公園 ホームページ 駐車場情報

上記のページでは、駐車場の場所や込み具合などの情報が記載されていますので、

ご利用いただければと思います。

終わりに

その他にも万博記念公園では、秋にはコスモスやバラを見ることができますし、

意外と紅葉も見応えがあります。

大阪でコスモスを見るなら万博記念公園 その開花時期と場所、駐車場

大阪で秋にもバラを 万博記念公園のバラの開花時期と場所、駐車場

大阪の紅葉の穴場 万博記念公園の紅葉の場所と時期、駐車場

冒頭にも書きましたが、毒を持っていると聞いていましたので、

彼岸花には毒々しい印象を持っていましたが、

彼岸花に近づき、低いポジションから写真を撮りながら、花をよくよく見ていると、

花びらのそり具合や色彩に、あでやかさや繊細さを感じることができます。

普通に見ていると見逃すことも、写真撮影をしてじっくり観察することで、

分かることがあるところも、写真撮影の魅力と言えます。

彼岸花の名所は他にもありますが、

万博記念公園は身近で手ごろな場所と言えますし、

他の季節の花々も多い場所ですので、

写真の撮影スポットの一つとして、検討していただければと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを