スポンサードリンク

温泉での注意点!メガネと塩サウナの私の体験に基づいた話

私は温泉に入ることが好きなのですが、温泉に入っていて失敗したことがあります。

他の方に同じような失敗をして欲しくないと思いますので、

温泉好きの方には参考にしていただきたいと思いますが、

ここでは温泉に入る上での注意点として、メガネの取り扱いと塩サウナでの注意点をご紹介します。

スポンサードリンク

温泉での注意点!メガネについて


(出典「photoAC」)

私は視力が悪いので(かなりの近眼+乱視つき)

普段からメガネを掛けているのですが、温泉に入る時にも周りの景色が見たいので、

いつもメガネをかけたまま、温泉に入っていました。

しかし新しいメガネに替えた後で、温泉に入浴した後で気づいたのですが、

温泉に入浴する前には新しいメガネでハッキリ見えていた視界が、

温泉に入った後には、どこか歪(ゆが)んで見えるようになりました。

ですのでメガネをかけたまま温泉に入るのは、メガネにとって良くありません。

その原因としては、石鹸やボディーソープの成分でメガネのコーティングを傷めてしまうことや、

レンズとコーティングの膨張の度合いに差があるために、メガネを温めると、

レンズのコーティング部分にシワができたり、ひび割れができてしまうことが指摘されています。

確かに私も、以前からメガネのコーティングが剥(は)げていたり、

新しいメガネは、レンズの表面が波打っていたりしました。

またメガネに使われているネジが錆(さ)びてしまうこともあると指摘されていますので、

メガネを掛けている方は、温泉に入る時にはメガネを外すか、

メガネを掛けて入るのであれば、古くなったメガネを使うなどの対策を取った方が良いと思います。

またお風呂専用メガネとして、「フロメガ」や「FORゆ」などが発売されていますので、

こうした商品を使うのもおすすめです。

ちなみに私もこのフロメガを買ったのですが、

私の視力は0.1もないほどの近眼で乱視も入っているのですが、

購入したのは「-5.00」のメガネで、それで充分に良く見えます。

もちろん人によって違いはあると思いますが、一つの目安にしていただければと思いますし、

あまり度がキツくなりすぎると目に負担がかかると思いますし、

温泉だけで使うのであれば、問題なく使えますので、

メガネを掛けている温泉好きの方には、フロメガはおすすめです。

スポンサードリンク

温泉での注意点!塩サウナについて


(出典「photoAC」)

一部の温泉施設では、塩サウナがあるところもあります。

塩サウナに入ると、肌がスベスベになると言われていますが、

確かに塩サウナに入ると、そうした効果を実感します。(私は男なのですが。)

肌の上で溶けた塩水で、肌をこすることによって、

肌表面の古い角質やアカを落とす効果があるとされています。

ものは試しに、と思い、

顔にも塩を塗ってみたこともありましたが、

塩を強くすり込んでしまうと、顔がヒリヒリしてしまうこともありますし、

汗をかいた後でも、塩分が目に入り目を開けにくくなりますので、

塩を顔につける時には、ご注意ください。

また顔以外の皮膚にも、塩をつけた後でこすったりすることは、

肌荒れやかぶれの原因とされていますので、ご注意していただければと思います。

そして塩サウナから出る時には、

自分がいた場所をサラッとお湯で流していただければと思います。

終わりに

私も温泉が好きになってから、日帰りの温泉施設などにもよく行くようになりましたが、

ここに書いたような失敗がありました。

転ばぬ先の杖、というわけではないのですが、

こうしたことを先に知っておくことで、

防げる失敗があると思いますので、ご参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを