嵐山・天龍寺の紅葉 見頃の時期と竹林・紅葉の嵐山の観光コース

京都の紅葉の名所として嵐山が挙げられますが、

その嵐山の中心部に鎮座するお寺として天龍寺があります。

嵐山の紅葉を楽しむなら、天龍寺がおすすめで、

北門から出入りすることができ、その北門近くには嵐山の竹林もあります。

ここでは嵐山~天龍寺の紅葉をご紹介します。

スポンサードリンク

京都の紅葉の名所 嵐山~天龍寺の紅葉

天龍寺の境内の造りは、嵐山を借景(しゃっけい)にした(庭園の背景として嵐山を取り入れた)造りになっていますので、

天龍寺の境内の紅葉と同時に、嵐山の紅葉も楽しむことができます。

また天龍寺は竹林の近くにあり、竹林に近い北門近くでは、

竹林と紅葉を同時に見ることができます。


(出典「photoAC」)

嵐山にも境内にも、紅葉しない樹木もありますが、

そのために紅葉のコントラストが映える印象があり、

紅葉の時期には、境内が秋の装いに包まれます。

嵐山~天龍寺の紅葉の見頃の時期


(出典「PIXTA」)

天龍寺の紅葉の見頃の時期は、その年の気候によって違いはありますが、

例年ですと11月中旬~12月上旬に紅葉の見頃の時期を迎えます。

また例年であれば京都の多くの場所は、11月下旬(20日から30日)辺りには紅葉の見頃の時期を迎えていますので、

他の紅葉の名所などを見てまわることを考えても、

11月下旬頃を目安にすることがおすすめです。

ただ紅葉の色づき具合にも、その年によって良し悪しがあります。

ですので訪れた時に、絶好の紅葉が見れるわけではないかもしれません。

紅葉は自然のものですので、こうしたことは仕方ないことですが、

良くない状態の紅葉を知ることで、良い状態の紅葉の良さが際立つ面があると思いますし、

少なくとも「行ったことがある」という思い出は、かけがえのないものになると思います。

また良い紅葉を見ようと情報を集めて日程を調整することだけが、

私たちにできる精一杯の努力のはずで、

誰でも京都の紅葉をいつも見ることができるわけではない中で、

それならばそうした努力を重ねた結果、

訪れて見た紅葉がそれぞれの方のベストな紅葉だと私は思います。

紅葉が良くない状態のことはあるかもしれませんが、

そう考えていただいて、秋の天龍寺を訪れていただければと思います。

スポンサードリンク

天龍寺の拝観料と拝観時間


(出典「PIXTA」)

拝観時間については、10月21日~3月20日までは、

午前8時30分~午後5時までとなっています。

(その他の期間では、閉門時間が午後5時30分までになります。)

参拝料については、

庭園をご覧になる場合には、

高校生以上 500円 小中学生 300円

諸堂(大方丈などお寺の内部)をご覧になる場合には、

庭園の参拝料に300円が追加されることになります。