広島の観光に原爆ドームと平和記念資料館 アクセスと世界遺産航路

8月6日には広島に、8月9日には長崎に原爆が落とされ、

日本は戦争に負けることになりました。

原爆の、また戦争の悲惨さを知ってもらうために、

広島の原爆ドームや平和記念資料館、長崎の原爆資料館に訪れていただきたいと思いますが、

ここでは広島の原爆ドームと平和記念資料館をご紹介します。

スポンサードリンク

広島を観光するなら原爆ドームと平和記念資料館を


(出典「photoAC」)

原爆は、原爆ドームの南東約160mに落とされ、

原爆ドームは倒壊をまぬがれましたが、

その痛々しい姿は、原爆の威力を静かに物語っています。

その近くにある広島平和記念資料館では、

原爆の悲惨さを物語るものが数多く展示されています。

様々な遺品や、皮膚の焼けただれた人の写真など、

直接見ることで感じることは多いと思いますし、

こうした場所を訪れる時に考えていただきたいのは、

もしも自分が、または自分の家族や大切な人がこうなったら・・・

他人事ではなく、自分や身の回りの人に起こったらと、

リアルなまでに想像力を充分に働かせて、戦争の悲惨さを噛みしめていただければと思います。

なぜ、こんなものが落とされたのか?

日本人である私はそう考えてしまいますが、

日本も朝鮮半島や中国には侵略をしていますし、

(力で侵略することが当たり前だったという、当時の時代背景があったとは思いますが)

アメリカにはアメリカの言い分があり、

戦争を止めるために必要だったと考えている方は多いようです。

立場が違えば考え方にも違いがあって当然かもしれませんが、

そんな中でも、2016年にはオバマ元大統領が広島を訪問してくださったことは、

その年の良いニュースの一つだったと思います。

また核抑止力という言葉がありますが、

核があるからこそ大国同士の戦争を抑えることができると言われます。

確かに現実問題として、そうした面はあるのかもしれませんが、

核がなければ戦争が止められないほど、人間は哀しい動物なのかもしれません。

平和記念資料館の展示物を見ると、気持ち悪くなる方もいらっしゃるかもしれませんが、

戦争を知っている世代の方々が亡くなり、

私もそうですが戦争を知らない世代の人たちが増えていく中で、

戦争の悲惨さが実感できない人たちが多くなり、

戦争の悲惨さが分からない人たちが政治家になれば、

また戦争が起きてしまうのかもしれません。

戦争については、こちらの記事にも書きましたが、

終戦の日に考える戦争とは何か 起こる理由と悲惨さと防ぐためには

戦争の悲惨さが分からない政治家が増えないようするためにも、

民主主義という制度を通して、まず権力者を監視しておく必要があると思いますが、

そのためには多くの人が戦争の悲惨さを理解する必要があると思いますし、

そのためにも、広島を訪れた際には、

原爆ドームや平和記念資料館を訪れていただければと思います。

原爆ドームは周辺から見るだけになりますが、

平和記念資料館の観覧料は、

大人(大学生以上)200円、高校生100円、中学生以下無料となっています。

休館日は、12月30~31日となっています。

スポンサードリンク

原爆ドーム、広島平和記念資料館へのアクセスと世界遺産航路について

原爆ドームや平和資料館へ、JR広島駅からアクセスする場合には、

「南口」から出てすぐの路面電車が分かりやすいかと思いますし、

路線バスよりも料金は安く済みます。(バスの場合220円。)

最寄りの駅は2つあり、

「原爆ドーム前」駅と「袋町」駅があります。

以下のマップでは、

① 原爆ドーム前
② 原爆ドーム
③ 広島平和記念資料館
④ 袋町

になります。

平和記念資料館へはどちらの駅からも徒歩およそ10分ほどになります。

また「原爆ドーム前」駅に向かう場合には、

広島駅からは、

2号線または6号線にご乗車いただくことになり、

料金や時間は以下になります。

料金170円所要時間およそ16分

袋町」駅に向かう場合には、

広島駅からは、1号線にご乗車いただくことになり、

料金や時間は以下になります。

料金170円所要時間およそ15分

またお車でお越しの場合には、周辺の有料駐車場をご利用いただくことになります。

詳しくは、以下の広島平和記念資料館のホームページをご覧ください。

広島平和記念資料館ホームページ

周辺地図の「大きな地図を見る」をクリックしていただくと、アクセスのページに移動しますので、

そのアクセスのページの一番下の「駐車場について」をご覧ください。

世界遺産航路について

また同時に厳島神社を訪れるなら、

厳島神社⇔原爆ドームを結ぶ、「ひろしま世界遺産航路」があります。

片道で、大人(中学生以上)2000円、小人(小学生)1000円、

往復で、大人(中学生以上)3600円、小人(小学生)1800円になります。

厳島神社のある宮島から、原爆ドーム近くまでダイレクトで往復することができ、

所要時間はおよそ45分になります。

ただ通常のフェリーと電車をご利用の場合には、広島駅までは、

フェリー180円、JRで宮島口駅→広島駅は410円で合計590円、

所要時間はおよそ50分~1時間ほどですので、

世界遺産航路の料金はお高めにはなります。

また厳島神社から原爆ドームへ向かうには、宮島の3号桟橋になりますが、

詳しいのりばや運行表、ご予約などの詳細については、以下のホームページをご参照ください。

アクアネット広島ホームページ ひろしま世界遺産航路

終わりに

長崎にも長崎原爆資料館があります。

私は長崎の原爆資料館には行ったことがありませんので、

こちらではご紹介するのを控えましたが、

長崎を訪れる機会がありましたら、

長崎原爆資料館にも足を運んでいただければと思います。

良かったらこちらを

スポンサードリンク