スポンサードリンク

夏の大阪の花の鑑賞スポット 長居植物園のハスと周辺情報

夏の季節の花として、ハスが挙げられますが、

大阪ではハスの名所として、長居植物園が挙げられます。

広いハス池に多く咲くハスを見ることができるスポットで、

ハスの季節は暑い時期になりますが、

ここでは長居植物園のハスをご紹介します。

スポンサードリンク

夏の大阪のおすすめスポット 長居植物園のハス

大阪の長居植物園では、

入り口から入ってすぐの広い池で、ハスを見ることができます。

長居植物園の園内マップはこちらになります。

大阪市立 長居植物園 ホームページ 植物園の見どころ

入園料は、高校生以上で200円、中学生以下は無料で、

自然史博物館との共通券では、

大人300円、高・大学生200円、中学生以下は無料になります。

また長居植物園でハスの花が咲くのは、

例年ですと、6月下旬~7月下旬になります。

長居植物園は、【月曜日が定休日】(月曜が祝日の場合には翌日)になりますので、ご注意ください。

またハスの花の性質としては、開き始めて3日間は、

早朝に開いて、午後には閉じるというサイクルを繰り返し、

4日目には散ってしまうようですので、

ハスの花をご覧になる場合には、きれいに咲いている午前中がおすすめです。

私は最初は、ハスの花のそうした性質を知らずに、

お昼過ぎにハスを見に行くと、花が閉じていましたので、

ご注意していただきたい点になります。

またこちらではハス池にあるために、

ハスが見頃の時期には、多くのハスを一度に見ることができます。

ただハスの花は咲いている期間が短く、中には散っているハスがあるなど、

全てのハスの花が一斉に、きれいに咲き誇るわけではありませんので、

その点は念頭に入れていただければと思います。

また間近でハスを見ることができるのは、池の周辺部に限られてしまいます。

スマホでハスの写真を撮る場合には、

池の周辺部にハスが無い場合には難しくなりますので、ご注意ください。

またハスの花は中心部のめしべを触ると堅かったり、

ハスの葉は水をはじく性質がありますので、

雨が降った後、水が溜まった状態でハスの葉を動かすと、

水が滑るように動くなど、ハスを触ると楽しいのですが、

長居植物園では、池が柵で囲まれていますので、

ハスの花や葉を触ることは難しい部分があります。

大阪では万博記念公園にもハスの花があります。

大阪のハスの名所 万博記念公園のハスと見頃の時期、象鼻杯などについて

万博記念公園にも、同じようなハス池にハスがありますが、

低い柵が一部にある程度ですので、

池の周辺部にハスの花があれば、という条件つきにはなるのですが、

ハスの花を触ることは可能ではあります。

また関西の複数の場所にハスを見に行ったことがありますが、

私が訪れた中での話にはなるのですが、

その中ではきれいなハスの花を見れるおすすめとしては、京都植物園があります。

その京都植物園について書いた記事は、こちらになります。

京都でハスを見るならココ!京都植物園のおすすめ撮影ポイント

こちらの記事の中で、おすすめの理由を書いていますので、

ハスの花が目的という方には、京都植物園もおすすめです。


スポンサードリンク

長居植物園の場所や周辺情報

長居植物園の場所は、マップ上では以下になり、

① 長居植物園
② 地下鉄 御堂筋線 長居駅
③ JR阪和線 長居駅

になります。

御堂筋線の長居駅からは、徒歩でおよそ10分ほどになります。

また長居植物園は、長居公園の一部になり、

以下のページでは、公園内のレストランや売店の場所が記載されています。

長居公園 ホームページ レストラン・売店

また同じく【月曜日が定休日】(月曜が祝日の場合には翌日)になりますが、

大阪市立自然史博物館もおすすめで、植物園との共通で、

大人300円、高校生・大学生200円、中学生以下は無料となっています。

大阪市立自然史博物館 ホームページ

古代の恐竜や象など、今は見ることのできない古代の大きな動物には、

どこか憧れのような気持ちが個人的にはあります。

終わりに

最後は、ハスの話から大きくそれてしまいましたが、

長居植物園を訪れるなら、自然史博物館には行っていただきたい気持ちが、

恐竜好きな私としてはありまして、話が脱線していった気がします。

そういえばハスの話だった、と思い出しましたが、

暑い時期になりますので、水分補給などに注意していただき、

この時期ならではのハスの花を楽しんでいただければと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを