スポンサードリンク

休日の一人での過ごし方は?一人遊びに一人旅の日帰り旅行のおすすめ

休日に一人で過ごすことになった場合には、

家でゆっくり過ごしたり、ゲームやネットで楽しむのも一つの過ごし方ですが、

一人旅もおすすめで、宿泊するだけが旅ではありませんし、

日帰り旅行も立派な一人旅と言えます。

ここでは休日の一人での外での過ごし方として、一人旅の過ごし方をご紹介します。

(追記:内容を一部変更しました。)

スポンサードリンク

休日の一人の寂しさを紛らわせるためには?


(出典「photoAC」)

まず休日を一人で過ごす場合には、

自分のことを「ソリスト」だと思っていただきたいと思います。

ソリストというのはですね、楽器などのソロ奏者のことを指すのですが、

「ぼっち」と思っていると、どこか寂しげになるのがどうもな~、と個人的には思います。

でも楽器などのソロ奏者のことを「ソリスト」と呼ぶのであれば、

一人で過ごす自分のことを「ソリスト」だと思えば、

一人で過ごすことが苦にはならず、ちょっとカッコ良い響きにも思えますし、

「一人で過ごす自分、何かちょっと渋い!」

そんな気になれると思うんです。

もちろん人がいないと寂しいと感じたり、

一人で過ごす自分に対して、色々と考えることはあるかもしれませんが、

他の人と都合がつかない時だってありますので、

まずは一人で過ごす自分のことを「ソリスト」だと思っていただければと思います。

一人遊びなら一人旅(日帰り旅行)を

そんな「ソリスト」の休日の一人での過ごし方としては、

一人旅をおすすめしたいところで、日帰り旅行でも少し遠出することで、

旅気分を充分に味わうことができます。

私の場合は、以前はペーパードライバーで、

移動には公共交通機関をいつも使っていましたが、

スマホで音楽を聴きながら、電車で1時間ほどの長旅をするだけで、

かなり旅気分を味わえると感じています。

スポンサードリンク

日帰り旅行の行き先は?花を見に行く


(藤の花 出典「photoAC」)

また季節の花を見に行くのも一つの旅先の選択肢で、

花の名所に花を見に行くと、意外と品種が多いことに驚くと思います。

(実際に私自身が驚きました。)

男性はあまり花には興味はないかもしれませんが、

私は男なのですが、写真を撮ることが趣味でしたので、

花を撮影しているうちに、徐々に花に興味を持つようになりました。

インスタ映えを狙って、写真撮影の対象として花を選ぶことで、

男性でも花に興味を持てるとは思いますし、

いつかデートをする時に、そうした季節の花を見に行くのも良いのかもしれません。

少し花について語らせていただけば、

花見といえば今は桜ですが、

それ以前は梅の花を見ることが花見だったと言われますし、

特に梅林はおすすめで、8分咲きぐらいがちょうど良い見頃の時期で、

見応えのある梅林は、桜に負けない魅力があります。

またこの時期には梅→桃→桜の順に花を咲かせていきます。

そして桜の花見が終わってもゴールデンウィークあたりには、

藤やボタンが見頃を迎えます。


(出典「photoAC」)

(リモコンのボタンじゃねぇわ!)

個人的には藤の流麗な美しさは心惹かれるものがあります。

そして梅雨時になればアジサイが。


(出典「photoAC」)

この写真のアジサイはシチダンカという品種で、

アジサイの中でも小さな花ですが、

この花の写真を撮っていて、じっと花びらの付き具合やバランスを見ていた時に、

究極の美を見たような感動を覚えた時がありました。

その後にはユリも咲きますし、夏にはヒマワリやハスの花も。


(出典「photoAC」)

秋になれば香り高いキンモクセイやコスモスが咲きますし、

花ではありませんが、秋には紅葉もあります。

この紅葉の写真は、岩手の平泉で撮った写真ですが、

こうした花の名所などに訪れて、きれいな写真を狙ってみるのもおすすめです。

日帰り旅行の行き先は?歴史を感じる旅に出る


(出典「photoAC」)

また歴史が好きなら、

お城や歴史上の人物に関係する場所を訪れるのもおすすめで、

私は織田信長が好きなのですが、

信長の居城である清洲城、岐阜城、安土城跡を巡る旅をしたことがあります。

その時は宿泊しましたので、日帰り旅行ではありませんでしたが、

お近くにお住いの方であれば日帰りで行けると思いますし、

そうした場所に訪れることで、歴史上の人物が、

その時、何を想ったか。

そんな想像を巡らせて、私自身は楽しい時間を過ごすことができました。

また歴史にちなんだ場所に訪れるなら、

本やネットなどで歴史のことを知った上で訪れるのもおすすめです。

スポンサードリンク

日帰り旅行を楽しむなら朝から外で朝食を


(出典「photoAC」)

そんな日帰り旅行を満喫するためには、

朝から外でご飯を食べることをおすすめします。

牛丼店やファーストフード店なら気軽に入れると思いますし、

喫茶店などに入って朝食を食べるのも、

いつもと違った日常を感じることができるでしょう。

旅気分を味わうには、「非日常を感じる」ことがポイントだと思いますが、

朝から外で朝食を食べることは、あまりないと思いますので、

朝から外で朝食を済ませることで、

日帰り旅行を朝から満喫しようという狙いです。

日帰り旅行を楽しむには最後は温泉で疲れを癒す


(出典「photoAC」)

そんな日帰り旅行のラストには、温泉に入ることをおすすめします。

「日帰りの温泉施設」が各地にありますので、

旅先の近くで探してみて、各地の温泉を楽しむこともおすすめですし、

家の近くの日帰り温泉や銭湯に入れば、

温泉を出てすぐに帰ることができます。

朝から外で朝食を食べて旅先でじっくりと観光をして、最後は温泉で疲れを癒せば、

その日過ごした時間は、心地よい記憶として刻まれると思います。

終わりに

今回は一人での過ごし方として、一人旅をおすすめしました。

ただ一人で外で過ごすことが苦手、という場合や、

温泉に入ることが恥ずかしいと感じる場合には、

無理はしないでいただけたらと思います。

また一人旅をするとしても宿泊するような旅ではなく、

日帰り旅行であれば手軽にできると思いますし、

朝食を外で食べたりラストを温泉で締めると、

個人的には旅をしたな~、という気分を満喫できると感じますので、

一人で休日を過ごす場合には、自分を「ソリスト」だと思って、

そんな日帰り旅行を試していただければと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを