スポンサードリンク

関西の温泉の穴場 那智の滝や熊野古道に近い温泉地のご紹介


(出典「photoAC」)

私が温泉旅行に行った時に露天風呂に入っていると、

温泉に何か浮いているものがあって、それを汚れか何かがと思っていると、

旅館の部屋に帰ると、それは「湯の花」と呼ばれる温泉の成分が固まったものだそうです。

それを知らないままだと、うっかり人にしゃべってしまいそうでしたが、先に知ることができたのは幸いでした。

温泉旅行に行って露天風呂に入ってからというもの、その気持ち良さに温泉が大好きになって、

温泉に入っても時間が分かるようにと温泉用の腕時計を買ったぐらいですが、

ここでは関西の温泉地の穴場として、那智の滝や熊野古道を訪れる際に便利な温泉地をご紹介します。

スポンサードリンク

関西の温泉の穴場 那智の滝近くの「勝浦温泉」

まずはJRの紀伊勝浦駅の近くにある、勝浦温泉をご紹介します。

那智勝浦町観光協会 公式サイト

私もここに宿泊したことがあるのですが、

一部の温泉旅館は、船で渡った島の中にあります。

ここの何が良かったかといえば、乳白色の露天風呂とそこから見える海の景色。

これがどうにも、私の記憶から離れません。

また機会があれば、もう一度行ってみたいと思える温泉でもあります。

ちなみに私が宿泊したのは「ホテル中の島」というホテルです。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島

また温泉が好きな私は外湯をめぐる感覚で、周囲の他の温泉旅館の温泉にも入りましたが、

ここに行くまでは海の景色を眺めながら入る露天風呂というものを、それまでに味わったことがなかったので、

私の中では強い印象が残っています。

また周囲には遊覧船がありますが、

他にはそれほど観光施設は多くありませんし「温泉街」という街並みもありませんが、

近くには熊野古道や那智の滝もあり、

そうした場所を観光する時に、この温泉地は宿泊場所として利用できると思います。

また個人的には、この温泉地なら、温泉だけでも勝負できる場所という気はします。

スポンサードリンク

関西の温泉の穴場 熊野古道近くの「湯の峰温泉」

冒頭に書きましたが、私が初めて「湯の花」なる存在を知ったのが、この湯の峰温泉でした。

熊野本宮観光協会 公式サイト 湯の峰温泉のページ

湯の峰温泉 湯の峯荘

この湯の峰温泉は1800年もの歴史があると言われていて、

日によっては7度もその色が変化すると言われる「つぼ湯」があり、

その「つぼ湯」は世界遺産に登録されています。

私が宿泊した温泉旅館では「湯の花」がたくさん浮かんでいました。

こちらも近くには観光施設はそれほどなく、

「温泉街」という街並みもありませんが、そのため穴場とは言えると思います。

また近くには、川湯温泉や渡瀬温泉といった温泉地もあります。

こちらも熊野古道や熊野本宮大社に近く、そうした場所を観光する場合に、

利用できる温泉場ではあると思います。

終わりに

温泉に入る上では注意点もあり、

こちらのサイトで、そのことについて書いた記事がありますので参考にしていただければと思います。

温泉で気をつけること メガネと塩サウナの、私の体験に基づいた話

また今回ご紹介した温泉地は、熊野古道が近くにある場所ではあります。

そうした場所柄だけに穴場ではあり、

にぎやかさなどは有名な温泉地に劣るとは思いますが、

落ち着いて過ごすには、良い場所だと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを