スポンサードリンク

京都の夏の7月の観光スポット 法金剛院のハスと法金剛院へのアクセス

夏になると季節の花としては、ハスが見ごろを迎えます。

京都には様々な観光地がありますが、

季節の花の名所をその時々で訪れるのもおすすめです。

ハスの季節は暑い季節になりますが、

ここでは京都のハスの名所として、法金剛院をご紹介します。

スポンサードリンク

夏の京都の観光スポット 法金剛院のハス

京都の法金剛院は、ハスの名所として知られていて、

例年ですと7月上旬から8月初旬にかけて、約90種のハスが開花の季節を迎えます。

境内は、それほど広くはありませんが、間近でハスを見ることができますので、

スマホでもかなり近くから写真を撮ることができます。

拝観料は、大学生以上500円、小中高校300円となっています。

またハスの花は、開き始めて3日間は、

早朝に開いて、午後には閉じるというサイクルを繰り返し、

4日目には散ってしまうと言われていますので、

ハスの花をご覧になる場合には、午前中がおすすめです。

最初は私はそれを知らずに、お昼過ぎに見に行くとあまり咲いていませんでしたので、

(この法金剛院ではないのですが)

この点は、ご注意していただきたい点になります。

またそれだけハスの花は開花期間が短く、それぞれ咲くタイミングが異なりますので、

中には散ったハスがあるなど、全てのハスの花が一斉に咲き誇るわけではないことは、

念頭に入れていただければと思います。

その他に、ハスの花の魅力としては、花の中心部を触ってみると堅いところです。


(出典「photoAC」)

↑この写真の右側の緑色の部分は触ってみると、かなり堅めでカッチカチです。

また雨が降ると、ハスの葉には水が溜まりますが、

ハスの葉は水をはじく性質がありますので、

水が溜まったハスの葉を動かすと、水が表面を滑るように動くところも、

ハスの魅力の一つと言えます。


スポンサードリンク

夏の京都の観光スポット 法金剛院へのアクセス

何といっても、法金剛院の魅力は公共交通機関でのアクセスが良いところで、

JRの花園駅から、徒歩3分ほどになります。

京都駅からの場合には、乗り換えも必要ありませんし、

アクセスについては、これ以上言うことがないというのも、

どこか寂しいものがありますが、

私はペーパードライバーですので、

こうした駅近くのスポットというのは、非常にありがたいものがあります。

終わりに

私自身は、関西のいくつかの場所にハスを見に行ったことがあるのですが、

その中での話にはなりますが、

きれいな状態でハスの花を見ることのできるスポットとして、京都植物園があげられます。

京都植物園のハスに関するページはこちらになります。

京都でハスを見るならココ!京都植物園のおすすめ撮影ポイント

この記事の中でおすすめする理由を書いているのですが、

ハスの花を見ることが目的、という方には京都植物園もおすすめです。

またハスの時期は暑い季節になりますので、

水分補給などに気を付けていただき、

この時期ならではのハスを楽しんでいただければと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを