スポンサードリンク

奈良大野寺の桜 小糸しだれのボリューム感と貴重さと見頃の時期

奈良の桜の名所として、大野寺があげられます。

お寺の境内は小さめではありますが、枝垂れ桜が多く、

特に樹齢300年と言われる「小糸(こいと)しだれ」という枝垂れ桜は、

他ではなかなか目にする機会のない桜だと思います。

ここではそんな大野寺の枝垂れ桜について、その魅力や見頃の時期、アクセスについてご紹介します。

スポンサードリンク

大野寺の小糸しだれ そのボリューム感と貴重さ


(出典「photoAC」)

大野寺は境内はそれほど広くはありませんが、

桜の季節には、枝垂れ桜が春の装いで出迎えてくれます。

冒頭でもご紹介しましたが、大野寺の桜で有名なのが「小糸しだれ」という枝垂れ桜で、

境内には大きな「小糸しだれ」が2本、並んで屹立(きつりつ)しています。

花の色は白さをまとい、特徴的なのはその桜の花のボリューム感です。

「小糸しだれ」の場合には、普通の枝垂れ桜に比べると、

花付きが良いといいますか、花の数がそもそも多い印象があり、

そんなに花をつけたら重たいんじゃないか?

見応えのある時期には、そう思わせるほどのボリューム感がありました。

ただ現在では枝が少なくなっていて以前ほどのボリューム感ではありません。

(以前は上記の写真のようなボリュームがあったのですが。)

また「小糸しだれ」という桜を、私は他では目にしたことはなく、

京都の桜の名所でも見たことはありません。

「小糸しだれ」を目にする機会はそれだけ貴重で、なかなか見ることのできない桜のように思います。

「小糸しだれ」の他にも境内には紅枝垂れ桜もあり、

桜の季節の大野寺の境内は、春の装(よそお)いに包まれます。

大野寺の小糸しだれ その見頃の時期は

大野寺の桜の開花時期は、例年4月上旬~4月中旬になります。

桜が見頃の時期にはライトアップが行われ、夜9時まで夜桜を楽しむことができます。

また桜の見頃の時期は、年によって違いがありますので、

桜の開花情報をご確認していただいた上で、

大野寺の枝垂れ桜を楽しんでいただければと思います。


スポンサードリンク

大野寺へのアクセス

大野寺は公共交通機関で訪れるのにも、アクセスの良い場所にあり、

近鉄「室生(むろう)口大野」駅から、徒歩5分ほどになります。

駅の出口から真っ直ぐ進むと、タクシーなどが停まっている広い場所があり、

そちらの突き当たりを左に曲がれば、あとは真っ直ぐ進めば室生寺に到着します。

最寄り駅からのアクセスの良さも、大野寺の魅力の一つと言えます。

周辺にも無料の駐車場がありますので、足を運んで小糸しだれを味わっていただければと思います。

また少し離れてはいますが、

又兵衛桜や長谷寺も周囲にあり、これらの桜について書いた記事はこちらになります。

又兵衛桜の見頃の時期と特徴 周辺の桜の見どころとアクセス

長谷寺の桜 景色の良いスポットと見頃の時期、アクセスと周辺情報

枝垂れ桜をご覧に大野寺を訪れる場合には、

こうした場所にも足を運んでいただき、桜を満喫していただければと思います。

終わりに

大野寺の小糸しだれは、満開の時にはボリュームのある白い装いで迎えてくれますし、

小糸しだれを見る機会そのものが、そう多くありません。

奈良で桜を楽しむなら小糸しだれを見るために、大野寺に足を運んでいただければと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを