スポンサードリンク

吉野山に行くなら歴史を知り事前準備を 義経と静御前の物語と南北朝時代

奈良の吉野と言えば、桜で有名ですが、

吉野は歴史上の様々な人物にゆかりのある場所でもあり、桜だけではない魅力も吉野にはあります。

そこで簡単にではありますが吉野山の歴史を、ここで紐解(ひもと)いていきたいと思います。

私は吉野には、桜を1度だけ見に行ったことがあるのですが、

行く前に歴史的に縁のある神社や史跡について、詳しく知らずに行ったので、

そうした場所をめぐらずに帰ってしまいました。

後でそうした場所があることを知って、

せっかく吉野に行ったのなら、そうした神社や史跡にも行っておけば良かった、

と少し悔いが残りました。

吉野は桜の季節には人が混雑しますが、

桜以外の季節に吉野を訪れて、歴史に想いをはせるのも楽しいかもしれません。

スポンサードリンク

目次(複数ページに分かれた記事もあります)

吉野山の歴史 源義経と静御前


(出典「イラストAC」)

この吉野山は、兄の源頼朝に追われることになった源義経が、

弁慶や静御前と共に、身を隠していた場所だとも伝えられています。

この吉野の山中で、静御前は捕まり鎌倉に送られ、

その後、二人は二度と会うことはなかったと伝えられています。

鎌倉に送られた後、静御前は兄の頼朝の前で、

それでもなお義経を慕う歌を唄い、頼朝の怒りを買いましたが、

妻の北条雅子の取りなしで、命を救われたとされています。

吉野山は、義経と静御前のそんな悲恋の物語に、ゆかりのある場所でもあります。

吉野山には、義経や静御前に縁のある神社があり、

吉水神社には、義経の鎧(よろい)や静御前の着物のほか、

後醍醐天皇や豊臣秀吉にゆかりの品が展示されています。

吉水神社 公式サイト

また金峯(きんぷ)神社には、

義経が追手から逃れるために、隠れていたと伝えられる「義経隠れ塔」があり、

吉野山観光協会 公式サイト 金峯神社 紹介ページ

勝手神社には、静御前が捕まった時に、

舞を舞ったと伝えられる「舞塚」があります。

勝手神社再建委員会ホームページ

こうした場所を訪れて、二人の胸中を時代を超えて考えてみるのも、

歴史のロマンという気がします。

スポンサードリンク

吉野山の歴史 南北朝時代の拠点


(出典「イラストAC」)

またこの吉野山は、南北朝時代には南朝の拠点になった場所でもあります。

鎌倉時代には、武家が実権を握っていましたが、

鎌倉幕府が倒れると、後醍醐天皇をはじめとした貴族たちは、

天皇を中心とした「建武の新政」と呼ばれる新しい政治を行いました。

しかし時代は、武家が台頭していた時代。

武家を無視した、天皇を中心とした政権運営を

急激に推し進めようとした後醍醐天皇に対して、

足利尊氏をはじめとした武家が、天皇側と対立することになります。

足利尊氏は天皇家から新たな天皇を立てて室町幕府を開き、

後醍醐天皇を中心とした南朝側は、この吉野に逃れることになります。

そんな歴史の舞台でもある吉野山には、

後醍醐天皇を祭神とする吉野神宮や、

吉野神宮 公式サイト

後醍醐天皇陵など、南朝にゆかりの場所もあります。

如意輪寺 公式サイト 後醍醐天皇陵 紹介ページ

こうした歴史にゆかりのある場所を訪れて、

歴史を感じるひと時を過ごす、という時間の過ごし方を、

吉野山では味わうことができるでしょう。

スポンサードリンク

良かったらこちらを