宇佐神宮の歴史とアクセス、宇佐神宮・石仏を巡る観光バス

大分には湯布院や別府の温泉が有名ですが、

宇佐(うさ)神宮という古くからある有名な神社もあります。

宇佐はローマ字で書くと「USA」。

宇佐市内の山には、USAと白い看板が立てられた場所もあり、

アメリカの大統領が就任すると、宇佐市では盛り上がっているようです。

ここではそんな宇佐市の名所、宇佐神宮をご紹介します。

スポンサードリンク

大分のおすすめの観光地 宇佐神宮へのアクセス

まず宇佐神宮の大分県での地理関係を把握していただきたいと思いますが、

以下のマップでは、

① 宇佐神宮
② 宇佐駅
③ 別府駅
④ 大分空港になります。

また公共交通機関で宇佐神宮へ向かう場合には、

バスが運行されていて、最寄りのバス停は「宇佐八幡(うさはちまん)」になり、

以下のマップで駐車場もご確認いただきますが、

① 宇佐神宮
② 駐車場
② バス停 宇佐八幡

になります。

駐車場は駐車可能台数は、普通車・二輪車400台、

駐車料金は400円になります。

スポンサードリンク

宇佐神宮へのバスでのアクセス

「宇佐駅」からの場合には、バスの時刻表については以下の大分交通のホームページをご覧ください。

大分交通 ホームページ 路線バス

上記のページから「宇佐駅前」を探していただき、

時刻表の行き先が「四日市」が宇佐神宮へ向かうバスになります。

宇佐神宮の最寄りのバス停は「宇佐八幡」になりますので、

お帰りのバスも上記のページからご確認ください。

バスの本数は1時間1~2本ほど(土休日は少なく1時間1本ほど)になり、

料金は240円所要時間はおよそ7分になります。

また大分空港からのバスで「中津」「飛永(とびなが)」行きのバスでも、

同じ料金・時間で宇佐神宮に向かうことができます。

大分空港から中津・飛永行きバスは以下のページをご覧ください。

大分交通 ホームページ 空港バス 地図から探す

上記のページで「中津市」または「宇佐市」を選んでいただき、

「大分空港」を選択していただくと、時刻表を確認することができます。

1ヶ月ごとに時刻表が違い、2ヶ月分の時刻表を見ることができます。

また1日4本と本数は多くありませんのでご注意ください。

(2017年8月14日現在)

また大分空港から宇佐神宮へ直接向かうこともできます。

料金は大人1550円、小人780円、所要時間はおよそ1時間5分になります。

時刻表については先ほどご紹介しましたが、以下のページをご覧ください。

大分交通 ホームページ 空港バス 地図から探す

「宇佐市」を選んでから「大分空港発」を選択して時刻表をご確認ください。